私が開院した理由

小・中学生時代の私

ひとつ上の姉の影響でミニバスを始める事に。

 

秋田県でも優勝するくらいの強豪のチームでした。
毎日厳しい練習でしたが楽しくバスケットボールを。

 

小学・中学ともキャプテンとしてチームをけん引しました。
しかし成長もあって膝の痛みでどうにもならない…。

 

そこで初めてカイロプラクティックの治療を受ける事に。

 

定期的に治療を受け劇的な痛みの改善に驚きました。

 

痛みも改善しもっとバスケットがしたい気持ちになりました。

 

高校時代の私

バスケットボールで全国一になりたい…。

 

両親にお願いしての親元を離れての高校生活を送りました。

 

秋田県で常に全国大会の優勝を義務づけられています。
もちろんユニホームを着て試合に出れる保証もありません。
全国から一流の選手たちが集まってくるくらいですから。

 

ましてや一日たりとも休みがない厳しい練習の毎日です。
ケガでもしたらもう終わりで変わりの選手はいくらでもいます。

 

そんなプレッシャーとストレスも疲れの原因になってしまいます。
カラダは疲れがたまるとケガをしやすなることを実感しました。

 

ケガをしない事と予防のために整体に通う事もしばしばでした。

 

そんなおかげもあり全国大会優勝、そして選手として貢献しました。

 

大学時代の私

大学でも強いチームでバスケットボールがしたい…。

 

東京の中央大学に進学が決まっていたので上京しました。
その当時は中央大学は関東学生リーグで1部の伝統校です。

 

初めての東京での生活と中央大学の学生生活に
ココロが弾みます。

 

中央大学でも更に厳しい練習と学生生活の両立の
毎日が続きます。
この頃には今まで数々の膝や足首のケガの
後遺症が出るように。

 

学生の乗りと若さから痛くても我慢をしてバスケットするようになりました。

 

そのせいもあり疲労も溜まり膝の痛みや足首のねん挫を繰り返すことに。

 

1部リーグで活躍しましたがケガさえなければと後悔を感じました。

 

サラリーマン時代の私

社会人になり、あこがれの丸紅㈱に入社しました。

 

商社の中での自分のセクションは開発建設部門へ配属されます。
仕事の内容はマンションやリゾートマンションに携わる仕事です。

 

また会社にはバスケットボール部がありすぐに入部しました。
仕事後に練習に行ける時には急いで体育館へむかいます。

 

今まで毎日の練習から週3回程度の練習に戸惑いました。
自分の仕事と週に3回のバスケの練習の生活がストレスにも。

 

一流企業の大きさを痛感、数回のバスケの練習にも不安がありました。

 

慣れない与えられた仕事と数回のバスケットボールの両立…

 

そんな時にある地方の試合先で今までにない大きな足首のねん挫を。
すぐに東京へ帰って慶應病院で検査を受けることになりました。

 

その結果はもうこの足首は手術しなけれ良くはならないと…

 

手術の後始めて両親や仲間のやさしさに気が付いて涙がでました。
「よしっ、この機会にもう一度これからの自分を考えてみよう!」

 

会社を退社した私

5年在籍した会社をやめナショナル整体学院に通いました。

 

思えば大学生からケガをしても我慢してきたカラダです。
最終的にそんな自分のカラダにメスを入れることになるのですから。

 

整体に通うココロはそんなカラダへの大きな反省からでした。

 

学校に通いながら運よくすぐに付属院で働けました。

 

「柿の木が伸びて木を切ってちょうだい…」」

 

「BSテレビのアンテナを付けるのを手伝って…」

 

「貸し部屋空いたので掃除を手伝ってほしい…」

 

「引越しの荷物を兄弟のところまで持って行って…」

 

などなど、全く自分の仕事じゃない事も引き受けたりしました。

 

感謝さえしてもらえればと何にも見えない自分がいました。
自分の将来は??はたして自分の決断はこれで正しかったのか??

 

大川カイロプラクティック専門学院へ

ある時にたまたま本屋である1冊の本で迷いは消えました。

 

その本は大川泰先生が整体の学校をやるということ。
仕事の素晴らしさと一緒にやらないか!という内容。
カイロプラクティックで自分のお店をもてること。

 

この本に出会うまでの仕事はまず感謝されればいいと…。
自分自身がそんななんでも屋さんになっていたこと。

 

自分は本物のカイロプラクターにならなくてはいけないのだ。

 

大川泰先生の本がプロとしての仕事の厳しさを気付かせてくれました。
今度こそ大川先生の元でもう一度やり直し、自分の治療院をもつんだ!

 

ようが整体院開院

平成16年9月17日(大安)
大川カイロプラクティックセンターようが整体院オープン。

 

「みなさまにココロより感謝をこめて・・・」

 

ようが整体院院長 遠藤隆博  「バスケはまだ続けます(笑)」

このページの先頭へ